教育を考えると理想の人間像が見える

子供が大人になる過程で、どうしても必要なのが勉強です。
これは知識の習得だけでなく社会におけるコミュニケーションの取り方、集団の中での人との接し方など、人間が生きる上で必要な能力を学ぶことが挙げられます。
学校での教育は知識の習得に加え、常識を身に着けること、体力をつけることなどがあり、健全な大人に成長することが目的になっています。
子供は十人十色で、同じ内容の勉強をしたとしても、同じ人間が出来上がるわけではありません。
個性が発揮され、それぞれが好ましい方向に育っていくのが一般的です。
学校など子供たちを教える機関では、いかに社会から外れないようなテクニックを教えるか、膨大な知識を身に着けさせ、一人で独立して生きる力をつけさせるかを考えています。
子供に学ばせる場は多く、学校以外でも家庭や地域社会などがあり、そこで学べることも千差万別です。
人が教育を考える時、理想とする人間像がおのずと見えてきます。
子供にどのような人間に育ってほしいか考える時、教える内容や教え方にも考慮するのは基本です。